このサイトは,包括システムによる日本ロールシャッハ学会の公式サイトです。
 当学会は,包括システムによるロールシャッハ法を学び,その発展・普及および研修者間の連携・協力をはかっています。例年5月に大会を開催する他,機関誌,ニュースレターを発行し,各地で研修会を実施しています。また,国際ロールシャッハ及び投映法学会(The International Society of the Rorschach and Projective Methods (ISR) )に団体会員として登録し,その活動に参加しています。
 当学会は,日本学術会議に申請し,協力学術研究団体に登録されました(平成20年4月7日)。
English Pages Here! President's message

第8回 東京大会 エスクナー博士が熱く語る


平成14年5月17日・18日・19日
JRSC2002

大会長:中村紀子
場所:お茶の水スクエア・順天堂大学有山記念講堂

特別講演 「ロールシャッハ・テスト,その起源と黎明期の発展について」
講師:ロールシャッハ・ワークショップス ジョン E エクスナー 博士  司会:板橋毅(さいたま家庭裁判所川越支部)


研究発表
座長:大貫敬一(東京経済大学)・西尾博之(文教学院大学)
(1)「GHR:PHRの再検査研究」
     小西宏幸(関西大学社会学研究科)
(2)「強迫性障害患者のロールシャッハにみられる諸特徴についての考察」
   ー強迫性障害にうつ状態が伴う場合と伴わない場合の比較を含めてー
     小林仁志,佐々木雅代,小林真実,五十嵐早苗,長谷川ゆか,
     吉永ちひろ,松原六郎(いずれも財団法人松原病院)
(3)「グループ体験によってはいラムダが減じる症例について」
     西原尚之(福岡県立大学)
座長:稲田正文(岡山県中央児童相談所)・和田多佳子(長谷川病院)
(4)「情短施設小松島子どもの家における入所児童の変化」ー入所後と1年後の比較ー
     藤石一弥,手塚恵(いずれも小松島子どもの家)
(5)「DV被害者女性のPTSDに関する予備的研究」ーロールシャッハにみられる特徴ー
     下村美刈(愛知教育大学),川崖真知(西尾市民病院),南澤文恵(愛知県半田市児童相談センター)

注目の記事

携帯電話用HPにリンクするバーコードです。

第2ホームページお知らせ文_html_4cf8cdb7.pngこちらから携帯電話用HPにアクセスできます。

Yahoo! Japan の登録サイトになりました。

トップ>登録サイト>社会科学>心理学>団体をご参照ください。関連リンクLinkIcon

ページの先頭へ

TOP Topic

JRSC会長あいさつ

包括システムによる日本ロールシャッハ学会シンポジウム画像.JPG 本学会は、1993年にアジアでははじめて 国際ロールシャッハ及び投映法学会に団体登録された、日本で最初のロールシャッハ学会として設立されました。設立当時は30人に満たない組織でしたが、学会員数は500名を超える学会に成長しました。
ロゴ_学会名称付.jpg

静岡大会



延期となっている第26回静岡大会につきまして,次の通り,開催日程が決まりました。
【日程】 2021年7月3日(土)-4日(日) *初日はワークショップ
【会場】 静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ)
開催準備の状況は随時,大会HPでお知らせいたします。
JRSC会長 野田昌道
第26回静岡大会大会長 平岡篤武



大会専用ページはこちら
https://www.jrsc2020.com/

ページの先頭へ

包括システムによる日本ロールシャッハ学会編『ロールシャッハとエクスナー』ロールシャッハ・テストの起源と発展 金剛出版 ISBN4-7724-0868-1 C3011 \2800E
ロールシャッハとエクスナー.jpg
まえがき
 包括システムによる日本ロールシャッハ学会の設立10周年を記念して,学会企画として本書を出版できたことを心から嬉しく思っています。続きはこちら