このサイトは,包括システムによる日本ロールシャッハ学会の公式サイトです。
 当学会は,包括システムによるロールシャッハ法を学び,その発展・普及および研修者間の連携・協力をはかっています。例年5月に大会を開催する他,機関誌,ニュースレターを発行し,各地で研修会を実施しています。また,国際ロールシャッハ及び投映法学会(The International Society of the Rorschach and Projective Methods (ISR) )に団体会員として登録し,その活動に参加しています。
 当学会は,日本学術会議に申請し,協力学術研究団体に登録されました(平成20年4月7日)。
English Pages Here! President's message

国際ロールシャッハ及び投映法学会の新会長が選出されました。

 2017年7月16日,国際ロールシャッハ及び投映法学会(ISR)の代表者会議において,本学会の中村紀子顧問がISR会長として再選されました。2014年7月の会長就任以来,中村会長は,ISRが会員にとってより身近で有意義な存在となるよう改変に努めてこられました。再選により,その路線が継続されるのは,私たちにとって喜ばしいことだと思います。また,2021年にはロールシャッハの図版公刊100周年を迎え,ISRの活動がより盛んになることが見込まれます。本学会もISR中村会長を後押しし,ISR,そして各加盟団体との連携,協力を強めていきたいと思います。

JRSC会長 野田昌道

臨床心理職国家資格推進連絡協議会より,三団体(臨床心理職国家資格推進連絡協議会・医療心理師国家資格制度推進協議会・日本心理学諸学会連合)会談にて「公認心理師教育カリキュラム案」がとりまとめられたとの知らせを受けました。
包括システムによる日本ロールシャッハ学会は,本カリキュラム案に賛同いたします。

What's NEWS

2018.7.4
【ロールシャッハ・テスト複製図版に関するSRRの声明文について
ロールシャッハ・テストの複製図版を用いることはISRでは認められていませんが,イタリア・フィレンツェの出版社GIUNTI-OSは2013年から複製版を作成,販売を始め,それは現在も続けられています。この件で,作成に協力したとしてイタリアの団体SRRが非難を受けていましたが,このたび同団体からISRの会則遵守を表明する文書が出されました。複製版には未だにSRRの名前が記されていますが,SRRは撤回を訴えているのが実情です。以下にSRRの声明文を掲載いたしますので,事情についてご了解ください。
JRSC会長 野田昌道
SSR声明文は【こちら】よりご覧下さい。
2018.7.1
【2018年連続講座チラシの内容の修正について
先日掲載した2018年連続講座のチラシの内容に一部誤りがございましたので、再度アップロード致しました。
研修会のページは【こちら】
2018.6.30
【CPCS レベル1第3回単位A研修会,第3回単位C研修会及び第3回単位D研修会開催について
CPCS レベル1第3回単位A研修会,第3回単位C研修会及び第3回単位D研修会が以下のように開催されることになりました。
詳細は【認定資格のページ】をご覧ください。
受講の申込みは7月1日から受付を開始します。
2018年6月30日
JRSC事務局 CPCS研修担当
2018.6.26
【2018年度連蔵講座日程決定のお知らせ
2018年度のJRSC連続講座の日程が決まりましたので、お知らせ致します。7月1日申し込み開始です。
研修ページは【こちら】
2018.5.29
【不幸中の幸いとはこのことか?
2018年JRSC福島大会基調講演にパトリック・フォンタン来る!
パトリック・フォンタン先生はいくらかシャイな紳士ですが、はきはきと歯に衣着せずに対応する頭の回転の速い、時に眼光の鋭い臨床家であり研究者です。
素晴らしいリサーチ能力をもち、現在はフルタイムのスクールサイコロジストとして活躍されています。包括システムによる国際ロールシャッハ学会(Comprehensive System International Rorschach Association: CSIRA(クシラ))の副会長を務められており、世界の包括システムの臨床家と組んでリサーチを進めていく達人です。CSIRAの会長はアンドロニコフ先生ですから、このたびアンドロニコフ先生がやむを得ない事情により来日できなくなった時に、右腕であるパトリック・フォンタン先生に白羽の矢が当たったのも不思議ではありません。福島大会の基調講演で『包括システムの未来』を語っていただくために、3日間の来日をお受けくださいました。是非皆様で大歓迎したいと思います。
今年3月のSociety for Personality Assessment (SPA)の年次大会(ワシントンDC)でお会いした時には、事例検討を一緒にする機会があって「本当に包括システムは臨床に使えるんだ」という話をしていたかと思うと、翌日には包括システムのリサーチの発表を何本も展開され、まさに包括システムを駆使する臨床家でありリサーチャーであるという得難い存在ぶりを余すところなく発揮して活躍されました。包括システム界きっての貴重な若手ホープです。
日本の包括システムの現状はどうなのか、これからどのような研究をしていくことが包括システムの未来を担うことになるのか、エクスナーが遺していった包括システムを未来に橋渡しするために、私たちの共通言語による共通理解をもって、パトリックと親しく語り合える短い時間を最大限ご堪能下さい。
基調講演をお楽しみに!!
中村 紀子 JRSC顧問
2018.5.7
【国際研修会の変更について】
6月3日(日)に開催を予定しておりました国際研修会ですが、講師のアンドロニコフ先生が急遽、やむを得ない事情により、来日されることが難しくなりました。つきましては、皆さまともども国際研修会の開催を楽しみにしていたところではありますが、この度の開催は中止させていただきます。その代わり、下記の通り内容を変更し、参加費を減額した上で、同日程で国内研修会を開催いたします。詳しくは、【研修会ページへ】
2018.5.2
【JRSC福島大会 基調講演の内容変更について】
アン・アンドロニコフ先生は、急遽、避けられないご事情で、来日されないことになりました。 そのため、基調講演は、アンドロニコフ先生と共同研究を進められてきた、パトリック・フォンタン先生にお引き受けいただくことになりました。詳細は、【福島大会HP】にて、逐次ご連絡いたします。
2018.4.25
【JRSC地区研修会 in 九州 開催のお知らせ】
平成30年7月14日(土)~7月15日(日)、西南学院大学にて「なぜ,今,包括システムなのか~最良の武器になりうる所以とは~」(講師:村松 朋子)と題して地区研修会が開催されます。詳しくは【研修ページへ】
2018.4.22
【国際ロールシャッハ及び投映法学会 サマーセミナー早期予約申し込み期限延長のお知らせ】
ISRサマーセミナーの早期予約参加の申し込み期限が延長されました!
◎早期予約参加期限:2018年5月15日まで早期予約参加料金で申し込みができます。
◎サマーセミナー
開催期間:2018年8月20日~22日
開催場所:スイス モントルー
テーマ:心身症と投映法
www.rorschach.com内のSummer Seminars2018をご覧ください。
2018.4.22
【JRSC学会員の皆さまへ 第24回福島大会事前参加申し込み期限延長!!】
6月23日・24日開催の第24回福島大会まであと3ヶ月となりました。現在、実行委員会は大会開催に向けて準備を進めております。事前参加申し込み期限を5月11日まで延長いたします。大会参加をお考えの方はぜひ5月11日までにお申し込みください。
〇大会テーマ「福島から未来へつなぐ」
○アン・アンドロニコフ先生による基調講演「ロールシャッハの今、そしてこれから」
○シンポジウム「福島の今、そしてこれから」
○3つのワークショップ
「アセスメントを活かす?治療計画から治療介入へ」佐藤豊先生
「ロールシャッハテストに見る虐待による傷付きからの回復」西田泰子先生
「CPCS-1単位B コーディング」有住洋子先生, 小澤久美子先生
○研究発表(様々な領域からの演題登録がありました)
○懇親会(福島大学の学生が製作に携わった日本酒「福島大学の純米吟醸」あります!)
○福島をめぐるバスツアー(大会の翌日6月25日に別途開催予定。最小催行人数20名)
プログラムの詳細や参加申し込み方法は大会HP(https://www.jrsc2018.com/
をご覧ください。お申し込みは、(1)大会HPからの申し込み と、(2)参加費払込みの両方をもって完了となります。
この機会にぜひ福島へ!!!
福島大会が、包括システムや福島のこれからについて、皆さまと前を向いて語らう機会になれば幸いです。ぜひ足をお運びいただきますよう、実行委員一同、お待ちしております。
JRSC第24回福島大会 大会長 岸 竜馬
2018.3.25
【平成29年度の研究助成について,次のとおり決定しました。】
兼城 賢志 会員「自閉スペクトラム症をもつ児童のロールシャッハ反応の特徴」
助成金額152,680
_
戸村 光恵 会員
「包括システムによるロールシャッハ・テストの子どもの基礎データ研究」
助成金額199,249円
_
なお,平成30年度の研究助成は,平成30年9月30日が締め切りですので,奮って応募願います。 担当理事 渡邉 悟
2018.3.14
【CPCSレベル1の申請についてのご案内】
このたび,当学会の認定資格であるCPCSレベル1につきまして,平成30年度分の申請が始まります。
申請の受付期間は,4月15日から5月15日(事務局宛て必着)となっています。
詳細は認定資格のCPCSレベル1の申請についてのページをご覧ください【認定資格のページ】
2018.3.14
【精神科専門医資格の更新単位】
本会は、公益社団法人日本精神神経学会より、精神科専門医資格の更新に際して、必要とする取得単位を得る方法の一つとしての「研修会・研究会等への参加」に当たる団体として指定されています。取得単位は、B群で、1時間の講習につき1単位です。
2018.3.12
【2018年度CPCS-1研修会開催日時のお知らせ】
CPCSレベル1研修会開催日時が以下の通り決まりました。
単位B 6月23日(土)福島大会にて開催。 4月21日(土)が申込期限です。【福島大会HP】をご覧ください。
単位A 12月8日(土)午後 国立オリンピック記念青少年総合センター
単位C 12月9日(日)午前 国立オリンピック記念青少年総合センター
単位D 12月9日(日)午後 国立オリンピック記念青少年総合センター
※単位A,C,D研修会の申し込み開始などの詳細は決まり次第、学会HPでお知らせ致します。
2018.2.2
【国際研修会、申し込みスタート!!】
国際研修会の申し込みが始まりました。
定員になり次第、申し込みは締め切ります。短期間で定員に達する可能性がございますので、参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2018.1.19
【研修委員会より国際研修会のお知らせ】
2018年6月3日(日)に国立オリンピック記念青少年総合センター(東京代々木)にて、国際研修会を開催します。
これまでも、JRSC国際研修会やISR東京大会、20回記念大会にご登壇いただいてきたアンドロニコフ先生が再来日されます。
国際研修会では、アンドロニコフ先生と中村紀子先生にそれぞれ異なった切り口で一つのケースについてディスカッションしてもらうことを予定しています。新しい情報については、ホームページなどで随時お知らせいたします。
2017.12.14
【包括システムによる日本ロールシャッハ学会第24回大会専用サイト開設のお知らせ】
第24回福島大会専用サイトが開設されました。
大会概要、追加情報など随時更新されます。
また、参加のお申し込み、研究発表のお申し込みは、
サイト内のフォームよりお申し込みください。
ご不明な点は大会事務局まで、お気軽にお寄せください。
2017.11.30
【ISRサマーセミナーのお知らせ】
国際ロールシャッハ及び投映法学会(ISR)のサマーセミナーが、2018年7月20日-22日にモントルー(スイス)で開催されます。
詳しくはこちらをご覧ください。
2017.11.30
【ISR第23回大会のお知らせ】
次回の国際ロールシャッハ及び投映法学会(ISR)の大会は,2021年にISR理事会主催で開催されることが決まりました。通例のサイクルであれば今年のパリ大会から3年後の2020年開催となるところですが,1年ずらしたのはなぜでしょう? そう,2021年は『精神診断学』(そして図版も!)の刊行100周年です! 本学会もこの記念大会が実りあるものになるよう,ISR理事会に協力していきます。新しい情報については,ホームページなどで会員の皆様に随時お知らせいたします。
2017.11.30
【CSIRA第3回大会のお知らせ】
CSIRA(Comprehensive System International Rorschach Association)の第3回大会が,2018年8月29-31日に,アルジェ(アルジェリア)で開催されます。
詳しくは【こちら】をご覧下さい。
2017.10.16
【JRSC地区研修会in 福島のお知らせ】
包括システムによる日本ロールシャッハ学会地区研修会in 福島の日程が決まりましたのでお知らせいたします。
2017.10.10
【CPCSレベル1取得者掲載のお知らせ】
平成28年度、平成29年度のCPCSレベル1取得者について公表の許可をいただいた方の御氏名と認定番号を掲載いたしました。
2017.10.9
【JRSC地区研修会in 広島のお知らせ】
包括システムによる日本ロールシャッハ学会地区研修会in 広島の日程が決まりましたのでお知らせいたします。
2017.9.12
【CSIRA / ARISIのリンク掲載のお知らせ】
ISRと姉妹関係にあるhttps://www.csira-arisi.org/
を本ホームページの、
トップページ左とISRのページ両方に作成致しました。
2017.9.05
【大会印象記掲載のお知らせ】
包括システムによる日本ロールシャッハ学会 第23回北海道大会 印象記を掲載いたしました。
2017.9.05
【JRSC地区研修会in 九州のお知らせ】
包括システムによる日本ロールシャッハ学会地区研修会in 九州の日程が決まりましたのでお知らせいたします。
2017.9.03
【CPCSレベル1の第2回単位A及び単位D研修会締め切りのお知らせ】
CPCSレベル1の第2回単位A及び単位D研修会は,受講申込みの受付を締め切りました。
今後の研修会につきましては,内容が確定しましたら,随時ホームページに掲載する予定です。
JRSC認定資格委員会
2017.6.25
【2017年度JRSC連続講座のお知らせ】
2017年度のJRSC連続講座の日程が決まりましたのでお知らせ致します。
2017.6.25
【新崎基金の設立について】
2017年6月11日の総会において「新崎基金」が承認されました。運用規程については【こちら】をご覧ください。JRSC会長 野田昌道
2017.6.20
平成29年6月10日理事会にて「包括システムによるロールシャッハ・テスト認定資格レベル2(中級/CPCS-2)に係る細則」の承認が得られました。
詳しくは【こちら】
2017.6.11
【ACROSS THE HORIZON復刻版 記事掲載のお知らせ(会員専用ページ)】
JRSCニュースレター「ACROSS THE HORIZON」バックナンバーより復刻版として会員専用ページに掲載することになりました。今回はエクスナー博士にまつわる記事を掲載しております。是非ご覧ください。
2017.6.4
ISR第22回パリ大会についてのお知らせ】
ISR第22回パリ大会についてBenoît Verdon大会長からの
お知らせを掲載いたしました。詳しくは【こちら】

     これより過去の記事はこちらをご覧ください。→過去の記事

注目の記事

携帯電話用HPにリンクするバーコードです。

第2ホームページお知らせ文_html_4cf8cdb7.pngこちらから携帯電話用HPにアクセスできます。

Yahoo! Japan の登録サイトになりました。

トップ>登録サイト>社会科学>心理学>団体をご参照ください。関連リンクLinkIcon

ページの先頭へ

会員専用ページ入り口
(ここをクリック)

ユーザー名とパスワードは
「包括システムによる日本ロールシャッハ学会誌」通巻20号(2015.9)と
21号(2016.9)の編集委員会便りに掲載しています

会員専用ページには以下の記事があります。
1 会報(アクロスザホライズン)
2 NEWS(認定資格等について)
3 論文公開(オープンサイエンス対応)
4 図書紹介(学会企画図書)
5 大会記録(国際大会IN東京)など
6 コーディングQ&A
記事のご要望やお気づきになった点などは,以下のメールアドレスにお送りください。

E-mail:jimukyoku@jrsc.info
アットマークを半角に変えて送信してください。

入会申込書ダウンロードはこちら→入会申込書

旧会員専用ページ入口ここをクリック

理事WGページ入口ここをクリック

TOP Topic

JRSC会長あいさつ

包括システムによる日本ロールシャッハ学会シンポジウム画像.JPG 本学会は、1993年にアジアでははじめて 国際ロールシャッハ及び投映法学会に団体登録された、日本で最初のロールシャッハ学会として設立されました。設立当時は30人に満たない組織でしたが、学会員数は500名を超える学会に成長しました。
ロゴ_学会名称付.jpg

東京大会



第25回大会は跡見学園女子大学で開催されます。
詳細が決まり次第ホームページでお知らせします。

ページの先頭へ

包括システムによる日本ロールシャッハ学会編『ロールシャッハとエクスナー』ロールシャッハ・テストの起源と発展 金剛出版 ISBN4-7724-0868-1 C3011 \2800E
ロールシャッハとエクスナー.jpg
まえがき
 包括システムによる日本ロールシャッハ学会の設立10周年を記念して,学会企画として本書を出版できたことを心から嬉しく思っています。続きはこちら