第25回東京大会印象記(認定資格基礎研修)

青木 翔 (大阪大学大学院 連合小児発達学研究科)

今回,私は2019年7月6日(土)・7日(日)に開催されたJRSC第25回東京大会へ参加する機会を得た。私自身,臨床業務でロールシャッハ・テストを実施しているが,自身のコーディングに今一つ自信を持てないでいた。また,周囲にロールシャッハ・テストを用いる方がおられず,同テストを用いた臨床の概観を掴めずにいることもあって,私にとって良い学びの機会となるように感じられたのが参加の動機である。

会場は跡見学園女子大学で,最寄り駅の茗荷谷駅より徒歩2分である。方向音痴な私にとっても駅からの道は迷う余地がないほどわかりやすかった。

6日は分厚く灰色の曇が空を覆う中,認定資格基礎研修(CPCS)に参加した。研修はコーディングの基礎の確認を目的に,反応領域など項目毎に講師の先生方によるレクチャーと質疑応答がなされた。レクチャーでは,講師の方がスライドを用いてコーディングの基礎を中心にお話しされ,加えて実際にコーディングする際に間違いやすい箇所を留意点として説明され,受講者のニーズに対応する細やかな配慮が感じられるものとなっていた。また,質疑応答時に寄せられた受講者からの質問は,それ自身が他の受講者のコーディングの学習となることは言うまでもなく,質問を通して各々の受講者が日々ロールシャッハ・テストに真摯に向き合われていることが感じられた。周囲に同テストを用いる方が見当たらない私はその真摯な姿勢に大いに勇気づけられ,今後も研鑽を積んでいこうとポジティブな気持ちになることができた。本研修会は,あらゆる受講者に何らかの学びの糸口を提供したことは間違いないが,半日でコーディングの全ての要素を総復習するという濃密な内容のために,実際に自身で何例かコーディングした経験のある方にとっては,その実りもさらに豊かなものとなるように思われた。

7日は生憎の雨。午前の事例発表では,発達障害を有するとされる方の主訴と発達特性,二次障害をそれぞれロールシャッハ・テストのデータと対応させて記述し,支援へと結びつけた事例が発表された。このような枠組みで見立てを試みることは,他の理論や観点で試みるのと同様に,整理された理解を我々に提供し,ひいてはそれぞれの困難さに対してどのような順序や方略で支援に繋げていけば良いかといった支援方針を示唆するものである。このような発表を拝聴し,自身の臨床を振り返る中で,多様性・個別性を描出することに秀でるロールシャッハ・テストは,表現型が異なり,またこれまでの経験も千差万別な,発達的な特性を有する個人を理解する上においても十分に有益なものであると感じられた。

午後のシンポジウムでは,ロールシャッハ・テストから得られた理解をどのように伝えるかということに主眼の置かれた内容で,様々な職域における,様々な対象者に向けた情報共有の取り組みが紹介された。登壇者の先生方の実践を拝聴し考えたのは,得られた理解を伝えるプロセス,すなわち伝えられる対象者の属性やニーズを考慮し,汲み取り,その対象者に適した形で理解を共有していく中で,対象者がどのように感じ,受け取ったのかを丁寧に確認していく動的な作業そのものにセラピューティックな側面が含まれ,さらなる展開への動きを生み出しているということであった。伝えることの奥深さと,心理的アセスメントにおける伝えることの果たす役割を再認識するシンポジウムとなった。

今回は,ロールシャッハ・テストやそれを用いた臨床について,自身の臨床を振り返りながら思いを巡らせた2日間となった。また今後の臨床活動に,大会で得られた多くの学びを少しでも還元できればとの思いでいっぱいである。最後に,大会運営にご尽力いただきました関係者の皆様,大変お世話になり心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

第25回東京大会印象記(ワークショップA) 

M.H.

今回、仕事がようやく落ち着いてきたということで、初めてロールシャッハ学会に参加しました。と言いましても、遠方から足を運んだ都合上、本大会には参加できず、土曜日のワークショップAにのみ参加させていただきました。今回はそのワークショップAについて、印象記を書かせていただきます。

 私は、ワークショップに参加するのも初めてでしたし、あまり現場でロールシャッハ・テスト(以下、ロテスト)を実践できていないので(頑張りたいところなのですが…涙)、恥ずかしながらロテストに触れるのが久しぶりでして、参加前は、講義についていけるだろうかと不安でいっぱいでした。ですが、いざ行ってみると、ワークショップはいきなり事例に当たるというわけではなく、『ロールシャッハテストの基礎的理解と援助方針』というタイトルの講義からスタートしました。この講義が初めにあったおかげで、「ロテストってこんなんだったなあ…。」と、少しずつ感覚が戻ってきて、自然とロテストの世界に入り込むことが出来ました。私にとっては非常にありがたかったです。

 講義では、初級者が悩むコーディングや解釈についてお話があり、「初級者は、解釈がテキストのつぎはぎになってしまうと悩んでいることが多い」という話に、「そうそう!」と思いながら耳を傾けていました。また、講義の中で私が特に印象深く残っているのは、「望ましい変化とは、データを平均値に近づけることなのだろうか?」という市川先生からの問いかけでした。このクライエントはハイラムダだとか、平凡反応が少ないだとか、平均値からのずれが認められると、そこが彼の弱点だからなんとかせねば!と思ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。この点について市川先生は、「ロテストの結果はクライエントの現在の適応努力であると理解することが援助につながる。」とおっしゃられました。これは私にとって目からウロコと言いますか、分かっていたはずなのに忘れていたなと、ドキッとさせられました。私は職業柄、当事者の課題をどうすれば改善させられるだろうかと考えることが多いのですが、まずは、この課題は彼にとって必要なものかもしれないと理解することが大切だと気づかされました。この市川先生の問いかけは、ロテストに限らず、日頃の臨床現場においても重要なことだなと感じました。

その後は、2事例を題材に、ロテストの解釈を行っていきました。正直なところ、講義のスピードについて行くのに必死だったのですが、テキストに書かれている解釈のステップを読んだだけでは分かりにくい、例えば継起分析や反応内容を見る(味わう?)ことといった点について、どこに着目すればよいのかといったことを、リアルに体感することができて有意義でした。また、ロテストをただ単に解釈していくだけではなく、面接でのクライエントの様子などもお話ししていただいたことで、解釈が理解しやすくなるとともに、先ほど述べた市川先生の「望ましい変化とは、データを平均値に近づけることなのだろうか?」という問いかけの答えを、自分の中で深めることができたように思います。

一日という短い時間でしたが、内容はとても濃いもので、勇気を出してワークショップに参加して本当に良かったです。これを機に、もっとロテストの勉強をして研鑽していきたいと思います。ありがとうございました。

ページの先頭へ

TOP Topic

JRSC会長あいさつ

包括システムによる日本ロールシャッハ学会シンポジウム画像.JPG 本学会は、1993年にアジアでははじめて 国際ロールシャッハ及び投映法学会に団体登録された、日本で最初のロールシャッハ学会として設立されました。設立当時は30人に満たない組織でしたが、学会員数は600名を超える学会に成長しました。

このサイトは,包括システムによる日本ロールシャッハ学会の公式サイトです。
 当学会は,包括システムによるロールシャッハ法を学び,その発展・普及および研修者間の連携・協力をはかっています。例年5月に大会を開催する他,機関誌,ニュースレターを発行し,各地で研修会を実施しています。また,国際ロールシャッハ及び投映法学会(The International Society of the Rorschach and Projective Methods (ISR) )に団体会員として登録し,その活動に参加しています。
 当学会は,平成20年4月7日付けで日本学術会議の協力学術研究団体に指定されました。
English Pages Here! President's message